初めて、金融業者で借りれる限度額は、多くても15~30万まで!
しかも、これは大手の金融業者で・年収が高い場合です。

初回借入れ限度額が30~50万円と、大きく広告を出している金融業者が多いのですが…

初回で50万円借りれるケースは、まずないと思って下さい!

大手で多くても30万円、一般的にはそれを大きく下回るのが現状だということを理解しましょう!

一般サラリーマンなら、初回いくら借りれる?

サラリーマン

初めて金融業者でお金を借りる時、初回借りれる限度額って気になりますよね…

限度額によっては、予定していた計画も大きく影響を受けるかも知れません。

世間一般的に、初回借り入れ可能額の相場は…
・中小企業に勤めている一般サラリーマンで、大体10万円前後

・大手企業に勤めているサラリーマンで、大体20万円前後

・公務員など、一般より高級ポジションの場合は、大体30万円前後が相場だそうです!

*あくまで、これは初回借入れ額の相場であり、何回か利用し・予定通り返済できた場合は、信用度が少しアップするので、次回からの借入れ額も多少は多くなるでしょう。

思い通りの借入れ額には達してないかも知れませんが、取り敢えず急ぐ場合は10万円でも助かる金額だと思います。

それぞれの状況に応じて・情報をしっかり把握した上で、余裕を持って計画を立てるようにしましょう!

借入れ限度額は、どなたでも年収の3分の1が目安!

お金

消費者金融やクレジット会社などの貸金業者には、貸金業法という総量規制があり、お金を貸す時は・年収の3分の1を限度額としています。

ですが、年収が1500万円以上で・借りれる限度額が500万円だとしても、初回の貸金は50万円以下からのスタートとなることが多いのです!

これは、初回は契約者の信用度が分からないためだそうです。
借入れ新規申し込みの時は、誰も同じく・厳しい審査を受けるのです。

その審査で、高収入に見合った高いマンションに住んだり・継続勤務期間が短かったり・その他クレジットカードの滞納など信用度に関わる情報がある場合もあるため、初回は限度額いっぱいの貸金は行わない業者が多いです。

もちろん、何回か繰り返すうちに信用度も高くなれば、状況によって最高限度額まで借りれるケースもあります。

まとめ~

OK

初回でも・何回目でも、金融業者からお金を借りる時は、慎重に対応することをおススメします。

たとえ、借りれる限度額が高いとしても、自分の目の前の状況や返済能力をしっかり見つめ、無理のない借入れ・必要な分だけの借入れを心がけましょう!