お金がなくて困る
引っ越したいけどお金がない!

じゃぁ、諦める?

いいえ!
お金がなくても引っ越しできる方法がありますよ!

お金がない・・・でも引っ越しできた理由

引っ越し計画
敷金・礼金・仲介手数料・家賃・引っ越し料金・・・
計算してみると、一人暮らしで20~30万円。
家族の場合は40~60万円程かかります。

意外と高いですよね。
引っ越し費用を用意するのが厳しくて、引っ越したくても引っ越せない・・・と言う時もあります。

そんな時に頼れるのが、プロミス!
初めて借りる人なら30日間無金利で借りれるので、これを利用して引っ越し費用に当てれば大丈夫!
※30日間無利息を利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

50万円以下の借り入れなら、収入証明書も不要で借りられますよ。

プロミス公式サイトはこちら

引っ越しにかかる費用を抑えるには

できたら費用は安く抑えたい!
そこで、誰にでも簡単にできる引っ越し費用を安くするポイントを紹介します。

家賃の安い部屋を探す

2つの家
例えば、同じように月額68,000円払う場合、どちらの部屋の引っ越し費用が安くなるでしょう?

Aの部屋 家賃6万3千円、管理費5千円
Bの部屋 家賃6万円、管理費8千円

正解は、Bの部屋です。

理由は、敷金や礼金、仲介手数料は家賃を基準に計算されるためです。
管理費は計算対象外になります。
したがって、家賃が安いほど、初期費用は安く済みます。

敷金は家賃1~2ヶ月が目安

賃貸物件
敷金ゼロ円の部屋は、ほとんどありません。
仮に『敷金ゼロ円』を謳っていても、室内クリーニング代として数万円請求されます。

敷金の相場は家賃の1~2ヶ月分。
これ以上高い場合は、他の物件とよく比較しましょう。(家賃が非常に安いと、敷金は家賃4ヶ月分等になる場合もあります)

もともと、敷金は居住者が故意に部屋を汚したり壊したりしてしまった時の補修費や、家賃の滞納があった場合の補てんとして使われます。
そのため、本来は何事もなければ退去時に全額戻ってくるべきお金です。
ですが、入居契約時に「室内クリーニング代を敷金から引く」契約書にサインすることで、入居者が室内クリーニング代を負担する場合が多いです。
※退去時にクリーニング代を精算して残った敷金は返金されます。

礼金は家賃の0~1ヶ月分が理想

鍵
礼金は戻って来ません。
大家さんに「お礼」として渡すお金のため、物件所有者によって0円の場合もあれば、家賃の2ヶ月分と言う場合もあります。

一般的に築浅物件は礼金が高く、築年数が古い物件は礼金が安くなります。(物件の人気度に比例していることが多いです)

引っ越し費用を安くするためには、できたら0円物件を狙いたいところです。
ただ、0円物件は人気のない部屋を指定している場合もあるので、条件の良い部屋を探すなら家賃の1ヶ月分以下を目安にしましょう。

気をつけるべき落とし穴は、礼金を0円にする代わりに毎月の家賃を高く設定している場合です。
不動産情報サイトで検索すれば、同じ物件が違う値段で紹介されていないか探しやすいですよ。
住む期間が短い場合は、家賃が高くても礼金0円の方がお得な場合もあるので、計算してみましょう。

仲介手数料は家賃の0.5ヶ月分

案内する女性
仲介手数料は、不動産会社に報酬として支払うお金です。
こちらも戻って来ません。

昔は家賃の1ヶ月分を支払う不動産会社が多かったのですが、今では家賃の0.5ヶ月分や仲介手数料無料と言う不動産会社も増えています。

不動産情報サイトで同じ部屋を2社以上で紹介しているのを見つけた場合は、家賃等の条件が同じなら仲介手数料の安い不動産会社で紹介してもらいましょう。

引っ越し業者は2社以上を比較する

引っ越し料金を出す
引っ越し料金はどこの会社でも一緒だと思っていませんか?
実は、見積もりの時にどれだけ値切れるかで料金は変わって来ます。

おすすめは2社以上の合い見積もりをとること。

大抵の場合、後から見積もりをしにきた営業マンに「○○社は●万円でした」と伝えれば、それ以下の値段を出してくれます。

また、土日の引っ越し料金は高く、水木の引っ越し料金は安いです。
時間指定なしにしたり、作業人数を減らすことでも引っ越し料金は安くできます。

引っ越しを決意したら、まずは審査を!

スマホで申込み
引っ越しは住みたい部屋が決まれば、1ヶ月以内に契約・引っ越し作業を済ませることができます。
つまり、すぐにお金が必要になるわけです。

お金がないと、気に入った部屋があっても本契約できません。
そうならないために、引っ越しを決意したら、プロミスの審査を受けておくことをおすすめします。
審査に通れば、最短当日融資を受けることもできますが、場合によっては審査待ち人数が多くてギリギリになってしまうことも考えられます。

スムーズに賃貸契約を進めるためにも、お金の準備は前もって行っておきましょう。

プロミス公式サイトはこちら