ブラックリスト

結論から言うと3回支払いが滞った場合に、ブラックリストに載ります。
また、一定期間(3か月が多い)支払いが滞った場合も同様に、ブラックリストに載ります。

ブラックリストに載ると、プロミスなどの審査が通らない事になります。

スマホの通話料の支払いが3回滞納しブラックリストに載る方が、急増しています。
クレジットカードやキャッシング、ローンの審査に通らなくなりますので注意しましょう。

数千円の支払いを忘れる・払わなかったために、後々、後悔する事になります・・・。

ブラックリストとは?

ブラックリストとは、銀行や消費者金融が加盟している信用情報機関に事故情報として登録される事を指します。

ブラックリストという名簿があるわけではなく、上記の機関に載ることを、俗語で「ブラックリストに載る」といいます。

5年~10年するとリストから消える

一般的には5年間、リストに情報が載るのが多いです。
5年過ぎると、情報が消えるため、クレジットカードやキャッシングのカードが作れるようになります。

なお、自己破産は7年~10年と、登録されている期間には幅があるので、期間を確認するために信用情報機関に問い合わせることもできます。

信用情報機関への照会

自分の事故情報が登録されているかは、信用情報機構に問い合わせて確認する事が出来ます
いつ登録されたか、何年その情報が保有されるかが記載されています。

●銀行・審判会社・消費者金融が加盟
株式会社 日本信用情報機構

●銀行系
全国 銀行個人 信用情報センター

なお、情報信用機関は代表的なものは上記ですが、いくつかあります。
情報信用機関への事故情報の登録は、本人の同意の元となっているので、契約書にどこの信用情報機関に登録されるかが書いてあります。

ブラックリストは、いいことなし

借金

ブラックリストに載ることで、以下のようなデメリットがあります。

大きな買い物がしにくくなる

車のローンや住宅ローンなど、大きな金額の買い物が困難になります。
手持ちの現金で支払えればよいですが、そんな方は、ごく少数です。
大きなお金が必要となった時は、身内に頼る場合が多く、身内に迷惑をかける事になります。

賃貸を借りにくくなる

保証人代行会社の利用を必須としている不動産会社がありますが、その際に情報信用機関に情報を参照され、NGとなる場合があります。
また、家賃の引き落としを、不動産会社指定のクレジットカードという場合もあり、その場合も同様に審査でNGとなります。
大手以外の不動産会社や、オーナーの審査が厳しくない所で借りるなどあり、まったく借りられない事はないですが選択肢は狭まります。

連帯保証人に取り立てがいく

もしローンなどで連帯保証人を入れている場合は、連帯保証人に支払いの督促が行くことになります。
身内や親しい友人との人間関係が崩れる可能性があります。